« ホソバセセリ | トップページ | 祇園四条駅 »

2017年7月17日 (月)

いろんな角度が合わない家

傾きの合わない家

@京都市中京区

前から何となく気になっていた建物。結構古い気がします。
影ができないように曇り日を選んで、正面から写真を撮ってみると、扉や窓の角度に対して、いろいろなところの傾きが微妙にズレてました。
これが、気になった原因だったんですな。

人の眼って意外とシビア。それとも、ワタクシの性格か。

 

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

|

« ホソバセセリ | トップページ | 祇園四条駅 »

b. 京都の風景」カテゴリの記事

コメント

今晩は。
確かに横の線が微妙にズレてますね。この建物が出来たばかりの時はどうだった
んでしょうね。最初からこうだったのか、時がたちこうなったのか‥‥
しかしこれが木造の建物だとしたら、そう違和感を感じないような気がしますが、
どうでしょうか。木造建築だと適度な軋みは許容してしまうように思いますが。
鉄筋(かどうか確信はありませんが)の建物ですと軋みなどあってはならないと
いう先入観があり、それのなせる違和感ではないでしょうか?
このお話からピサの斜塔の傾きを思い出しました。イタリア人は許容してますが
もし日本にあれがあったら、ほってはおかないんじゃないですかね。

投稿: 平戸皆空 | 2017年7月17日 (月) 22:40

こんばんは。
外観はコンクリート造に見えるので、おっしゃる通り先入観から違和感を持ったのかもです。
京都市内の古い店には、木造でありながら前面だけレンガやコンクリート造っぽくした物件が結構あります。
この建物もその部類かもしれませんね。

投稿: @^@ | 2017年7月17日 (月) 22:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104553/65547160

この記事へのトラックバック一覧です: いろんな角度が合わない家:

« ホソバセセリ | トップページ | 祇園四条駅 »