a. 日々のこと

出来事, 季節のこと などなど

2017年8月 1日 (火)

iOSとChord Mojo

Dsc05291

車載専用で使っていたiPod touch 第4世代がお亡くなりになったので、第6世代の64GBの在庫がなくならないうちに入手した。

さて、あれこれ準備して聴き始めると、途中で音が途切れたり、24bit/96kHz音源なのに44.1kHz出力になっていたり、おかしい。

調べてみると、OPPO HA-2SEやMojoに接続した場合、iOS 10.3.1や10.3.2では途中で音が途切れるトラブルが起こっていることがわかった。どうも、iOS側の問題らしい。
iOS 10.2.1のiPadでは何の問題もないから、やはりiOS10.3.1や10.3.2の問題なのだ。

そんな時、ちょうど10.3.3へのアップデートが来ていたから、何の期待もなくアップデートしてみた。

   ・・・ら、問題はすべて解消。

お困りの方、iOS 10.3.3 iPod touch + Mojoなら問題はありません。

 

そうそう、Mojoついでに。

メインの音楽環境は、外部音源 + OPPO DIGITAL HA-1 + HD800 (バランス接続)なのだが、HD800の音漏れがうるさいと、家族から文句がくるのでどうしたものかと思案中だった。
ヘッドホンは夏暑いし、なんか面倒くさくなってきたので、ならばイヤーホンへ移行しようと、評判の良いMojoを手に入れてみた。

手持ちのIE80をつないで聴いてみたが、iPodに直刺と全然変わらない。ちょっと、失望してMDR-EX1000をつないでみた。

    『おっ、これはなんと音場が横に広くて定位のよい再生なんだ!』

いままでの機器では、EX1000はピラミッドのような音場再生でぱっとしなかったのにな。

Mojoの実力を感じたので、禁断のイヤーホンのグレードアップをしてしまった。
買ったのは、SHURE SE846。
ハイ、巷ではかなりハイなBA型イヤーホンです。

 で、買ってよかったです。HA-1 + HD800を売る気になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月30日 (日)

Maker’s Watch Knotのソーラー時計

Dsc05268

Maker’s Watch Knotのソーラーチタン時計が届いた。
外装チタンでソーラー駆動。ベルトは再生タイヤゴム。風防はサファイヤガラス。
これで本体¥19500、Made in Japan。

国内で、品質の良いものを安く作ろうと思えば可能なのだ。

Knotのプロジェクトは、海外生産へシフトした、日本の時計製造業を再定義し、優秀な技術者や素材が集まる日本国内の工場で行うことから始まりました。デザイン、設計、部品の調達、組み立てから販売まで、その全てに自分たちが全て携わっています。中間業者を挟まないことで、コストの高い高品質な材料を使用しても、1万円台から提供することができます。例えば、使用されているガラスは、スイス製の高級時計にも使われる傷のつきにくい、頑丈なサファイアガラスを使用しています。ベルトには、100%天然由来のベジタブルタンニンレザーや、日本各地の伝統工芸や技術が取り入れられています。
ジャパン・クオリティを、世界の人へ。 (HPより)

このコンセプトを応援の意味で、これが2個めの時計です。

 

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月12日 (金)

久々に星景写真(8/11)

今年のペルセウス座流星流星群は好条件のようですので、11日(本当は12日深夜の方が良かったんですが、いろいろ用事がありまして・・・)、久々に星見に行って来ました。

そのついでに、久々に星景写真をと思い立ち、10年も眠っていた簡易赤道儀TOAST-Proを押入れから引っ張りだし、動作確認。

Img_7366

行った場所は、関西でも空が暗いと評価の高い高野・龍神スカイライン。

月が沈むまで、ぼぉ〜と観望。

     全然、星が流れへん・・・・・

薄雲がかかっていてシーイングが悪いこともあったけど、流れる星がなかったんですよ〜

24時過ぎには月が沈み、空もクリアになって、天の川もはっきりしてきたので、東北の空をちょっと撮影してみました。

星景@護摩壇山

東北方向の空 (EOS80D ISO1250 30s露光) ↑流れ星1つ

レベラー一つで簡易赤道儀の水平出しと極軸調整までやったので、広角レンズを使ったとはいえ長時間撮影は流れてダメダメでした。
やっぱ、横着してはダメですね。もう一個レベラーを入れよう。

30秒撮影を何枚か連続してやって、流星が写っていないかチェックしてみたけど、6〜7枚に1コ程度。
12日が出現ピークなんだけど、前日ってこんなもんなんですか〜?

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 9日 (火)

iOS 9.3.4にアップデート

数ヶ月前、iPad Pro 9.7は、iOS 9.3.2にアップデートすると文鎮化すると大騒ぎになっておりました。
なので、iPad Pro 9.7使用者のワタクシ、しつこいくらいにでてくるアップデートのお誘いを無視して、様子見を決め込んでおりました。

そのうち、お誘いが出なくなり、アップデートなんぞ記憶の彼方に・・・・・・

今日、ふとiOS 9.3.2の件はどうなったのかと気になり、チェックしてみると・・・・・・

数日前に、iOS 9.3.4がリリースされているぢゃありやせんか・・・・・・

なになに、「iOS 9.3.4はiPhoneまたはiPadの重要なセキュリティの問題を修正・改善します。このアップデートをすべてのユーザーに推奨します」とのこと。

稀にiOSはアップデートでトラブルを起こすので、今回もネットをチェックして見たんですが、アップデートしたハナシは数えるくらいしかヒットしない・・・・・・

iOS 9.3.2の時は、全てのiPad Proがダメになったわけではないので、今回も数えるくらいのアップデートのハナシじゃ、なんとも分からないよなぁ・・・・・・

今回もしばらく様子見か、と思ったんですが、いつもお世話になっているネットの噂に今回は貢献してみようかという、老婆心というか、そういう気合でアップデートしてみました。

 で・・・・

アップデートはすぐに終わり、ワタクシのiPad Pro 9.7は何もなかったように正常に働いております ^o^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月30日 (土)

スバル フォレスターの件 タイヤをもう換えてしもた

6月に納車され、慣らしが終わってから、400kmほどいろんな走り方をさせてみた感想を書いときます。

まず、一番変わったのは、Iモードでのアクセルに対するエンジンの回り方。
アクセルワークに対して、最初はもっさりしていたりギクシャクしてたんですけど、今はストレスなく反応します。「Iモードも学習機能があるので乗っているうちに変わります」と営業さんは言ってたけど、そうなんやねぇ。

では、Sモードは・・・
Sモードは坂とか追い越し加速の時くらいしか使ってないんで、鍛えられてへんのかもしれんけど、低回転で息つぎしてみたり、2000-3000rpmが全然回らんとか、アカンのです。
使ってるうちに変わるんかなぁ〜

次に変わったのが、タイヤへの評価。デフォルトのタイヤはジオランダーG91ちゅ〜やつ。

ディーラー設定の空気圧では、路面の細かい凹凸をまるくオブラートに包んだようなマイルドな感じでした。第一印象、乗り心地としては悪くはなかったです。

けど、距離を重ねるうちに、コーナーでタイヤが鳴く、応答が遅い感、大きな凹凸での揺れが直ぐに収まらない感、などなどがあって、もしかしてこのタイヤあかんのとちゃう?、と。

空気圧を240kPaまで上げると、若干ゴツゴツ感がでてきたけど、かなりシャキッとした感じになりました。でも、大きな凹凸での揺れが直ぐに収まらない感は逆に強く・・・・(T_T)

そして、ある日。やっぱ、あかんタイヤか〜と思いながら、タイヤを脚で揺らしてみると数秒ユラユラ揺れおったんです。
ここで、心のなかの我慢(まだ新しいタイヤを換えるなんてもったいないという)の糸がプッっと切れましたよ。

こんな剛性の低いタイヤ、我慢でけへん。それに安全性という性能も低いし(これは、自分で背中を押す言い訳ですw)と。

・・・・と、長々と書きましたが、サイド剛性が高いとの噂のピレリ スコーピオンヴェルデ オールシーズンというヤツに換えました。

Img_3028

換えてみて、これがフォレスター本来の脚のセッティグなのか・・・と感じ入りました。
脚まわり、乗り心地などなどに違和感を感じている方には、タイヤ交換をお勧めします。

そうそう、ピレリのタイヤの剛性は確かに高いです。
ちなみに、タイヤ交換時にタイヤを上から押してみましたが、ワタクシの力ではほとんど撓みませんでした。
一方、ジオランダーG91はというと・・・・

Dsc_0149

「何コレ・・・・、ありえへんわ」

店長さんと笑ってしまいました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月23日 (木)

フォレスターを受け取る

昨晩は大雨警報が出るくらいの雨でした。

朝、青空が覗き、夕刻は晴天となり、絶好の納車日和。

18時にスバルに出向き、エクストレイルをおいてフォレスター2.0i-L 6MTを受け取り、その後、宝ヶ池周辺を試運転。

以下は初乗り感想です。

●動力性能、エンジン
街乗りなら、3000rpmも回せば、大トルクのディーゼルエクストレイル20GTから乗り換えてイラッとすることはなかった。使いやすいエンジンだと思う。
エンジン音はメチャ静かで窓を開けてもあまり聞こえない。それはそれで、ちょっと寂しいか なぁ〜
久々の加給器なしエンジン。爆発的加速はないけど、ターボラグがないのは気持ちいい。

●ブレーキフィール
エクストレイル20GTはカックンブレーキだった。フォレスターは踏み始めから制動してる~って感じで効き方はエクストレイルと変わりないが、カックンブレーキで無いのが◯。

●シフトフィール
シフトはコクコクと決まって使いやすい。MT車は、AE86に始まって、初代テラノ、アルファ75、初代メガーヌRS、エクストレイル20GTと乗り継いできたが、シフトフィールはフォレスターが優れているような気がする。

●クラッチ
クラッチは軽い。切れる位置が浅くて少し曖昧なところがある。

●操舵感
操舵感はリニアで、コーナーで修正の必要なし。というか、初代メガーヌRSを除いて変な車はなかったか・・・
応答性もよい。

●乗り心地
背が高い分、揺れは致し方ないが、もう少し硬めでもいいかも。
重いホイールを履いている場合(純正ホイールはたいてい重いし(T_T))、凹凸路ではホイールの上下動に引っ張られてボディが揺れる感じがする(エクストレイル20GT、メガーヌRSがそうだった)が、フォレスターは問題なし。純正ホイールでしばらく良いかも。

●内装
インパネまわりがちょっとちゃちかも。
後席の足元はこれまで乗ってきた車の中でも最も広い気がする。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月30日 (月)

スバル フォレスターの件

ずっと乗ってきたエクストレイル20GT(6MT)は、走行80000kmを超えて足回りの寿命を実感するようになり、エンジンオイルの劣化がエンジンの調子で分かるようにもなって来ました。

それでも、MTじゃなきゃダメ・・・みたいな他人には理解してもらえないコダワリがありまして、MTで乗れるSUVがほぼ絶滅した現在、足回りを交換して乗り続けようと思っていました。

しかし〜、国の試験によると、ワタクシがよく使う高速域でクリーンじゃなかったという事実が発覚。
そもそも、クリーンディゼルは直噴ターボよりPM2.5の発生が少なく燃費がいいので選んだのですが、その前提が崩れては乗り続ける理由が半減です。

そういうことで、フォレスター(6MT車)に買い替えることにしました。
納車は2ヶ月半待ち、下取り評価の上乗せ分を入れての実質値引きは約42万円でした。

以下は、候補に上がった車の個人的評価です。備忘録として書いておきます。

●CX-3(試乗なし、荷室の確認)
高さ75cmほど、左右、奥行は傘1本分くらい。後ろシートを倒してもフラットにならず大きな段差あり。
24インチ自転車は、前輪を外しても積めそうにない。車中泊も無理。
SUVを名乗ってもスポーツユーティリティには使えない。お店の人曰く、「デザイン優先ですから・・・・」。ディーゼルでMTがあるのは魅力的だが、中途半端なのでデミオでいいんじゃないかと思う。

●CX-5(試乗なし、荷室の確認)
エクストレイルほど奥行はないが、そこそこ積めて車中泊もできそう。
ただし、1840cmの幅と見切りの悪さは細い山道で困りそうだ。
ディーゼルは魅力的だがATしかないのが・・・・・・

CX-3、CX-5ともにデザイン評価は高いようだけど、私的にはすぐに飽きそうなデザイン。
街ではよく見かけるので売れているようだけど。
CX-5はディーゼルがよく売れているそうだけど、街で見るのはほとんどがガソリンなのだよな〜

●TN32エクストレイル
代車で借りて試乗。幅1800cmを超えるとさすがに大きい感じがする。
CX-5と同じく見切りが悪い。ディーゼルもMTもないので選択外。

●フォレスターD型
試乗してみた。見切りがひじょうにいい。サイズはうちのエクストレイル20GTとほとんど変わらないし、最小回転半径も同じなので扱いやすい。
D型になって足回りが大幅に改良されたらしいが、乗り心地はやや硬めのフラット。いいんじゃないでしょうか。動力性能は148ps/20kgmだから、高トルクディーゼルにははるかに及ばないが、車重が1460kgと軽いのが救い。まあ、高速道路はおとなしく。
次期車は幅が広くなるのは確定(次期インプレッサが1800cmを超えたので)なので、使いやすいサイズのフォレスター(MT車)はこれが最後になるのだろう。

ここまで、3月末のハナシです。

先日、登録書類をもってディーラーに行くと、群馬工場出荷日が確定(6月10日)し、そこから東京湾まで陸送され、フェリーで大阪南港に到着した後、泉大津にある納車整備センターでオプション部品付け、点検されてから京都に陸送されるらしいです。
で、引き渡し予定が6月23〜25日。工場出荷から2週間もかかるんですねぇ・・・・
でも、九州だと3週間かかるらしいです。

納入日が確定し、後は待つばかり。
しかし、下取りエクストレイルに何かあったら大変やから、遠出を控える毎週末です(T_T)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 1日 (火)

「ありがちな写真」は撮れないカメラ

Img_4853

ドイツ人のデザイナー、シュミットは、ユーザーに「オリジナルな写真」の撮影しかできないカメラを開発した。エッフェル塔の写真を撮りたい? それ は無理だ。ネブラスカ州グランド・アイランドのデイリー・クイーンの隣にあるガソリンスタンド? それなら撮れるかもしれない。

シュミットのカメラは、スマートフォンを内蔵する仕組みになっており、FlickrとPanoramioのGPSメタデータを使い、その撮影場所がどれだけ人気かを判断する。

カメラを持って立っている位置の約35m四方で撮影された写真が35枚を超えているとわかれば、カメラのシャッターは押せなくなって、ファインダー もシャットオフされる。カメラのディスプレイにはその位置で撮影された写真の枚数が表示され、アラートが鳴ってその場を去るように促す。

いわゆるクリエイティヴィティを、何かしら定量的なもの(この場合は、GPSのメタデータ)で評価するテクノロジーは、興味深いものがあると同時に、不快にさせられる。「このアイデアは、多くの人から大きな反感を買っています」とシュミットは語る。

引用元はこちら

皆んなが撮っている所でみんなが撮っているような写真を撮ろうとするとシャッターがキレない〜

ハハ、面白すぎます!
人と違う視点を持てとカメラに指導されるんですかねぇ。
それもいいかも。

   

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月28日 (土)

週末の朝寝坊のリスク

Img_4809

学術誌『Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism』オンライン版に11月18日付けで公開された研究によると、休日の朝寝や、そのほかの「睡眠時間の調整」は、インスリン抵抗性やBMIの上昇などの代謝障害に関連しているという。
この研究結果は、「習慣的な睡眠」を変化させると、心血管疾患や糖尿病などの長期的な健康問題を喚起する恐れがあることを示している、と研究グループは結論づけている。
引用元はこちら

休日の朝寝坊は気持ちいいですよねぇ〜

    そ、それなのに・・・・・・

朝寝坊すると心血管疾患や糖尿病などのリスクが上昇するなんて!

でも、朝寝坊をやめる方がストレス溜まってアカンような気がするけど・・・・・

    

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 6日 (火)

ノーベル物理学賞

Img_3700

@下御霊神社

ニュートリノに質量が有ることを発見した梶田隆章氏が、ノーベル物理学賞を受賞されました。

おめでとうございます。

いや〜2日連続で感激です!

 

参加してます↓

にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧